医師

「歩くと足が痛み、しびれるが少し休むと痛みが引く」という症状がある場合には、腰部脊柱管狭窄症である場合があります。
特に、背中を丸めて休むと痛みが引き、また歩くことができるようになるという場合には、この疾患である可能性が高くなります。
腰部脊柱管狭窄症は、加齢により骨全体が変形することにより神経が圧迫されてしまうという病気です。
症状は大きく2つのタイプに分けることが出来ます。
それが炎症型と疲労型です。
炎症型の場合の治療法としては、安静を勧めるだけでなく、消炎鎮痛剤やブロック注射が使用される事があります。
それでも痛みが改善しないという場合には、手術が必要となる場合もあります。
一方の疲労型の場合、ジッとしている場合には痛みが無い場合は、安静を心掛けるとともに日常生活を工夫することが重要になります。
完治をさせるというよりも、安静を心掛けながら今までの8割の生活を心掛けることが重要となります。
安静を心掛けた治療を行っても、症状が進行する場合には、完治を目指して手術が行われることもあります。

運動療法も大事

 腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分の骨が加齢をしていくことで変形をして神経を圧迫することで歩いているときに痛みを感じたり痺れたりといった症状を引き起こす病気のことを指します。
 腰部脊柱管狭窄症は治療方法としては重症の場合は手術をする必要がありますが、そこまでひどくない場合はブロック注射を行ったり消炎鎮痛剤を投与することで一時的には痛みを抑えることができます。
きちんと治療を行えば完治できる病気なので、そこまで重篤な病気ではない点を留意しますが慢性化すると常時痛み出して日常生活に支障を及ぼすことも多いので放置しないことは大事です。
 腰部脊柱管狭窄症は炎症型と疲労型に分かれていますが、おとなしくしても痛み出すことが多い炎症型のほうがやや重症といえます。
 腰部脊柱管狭窄症にかかった場合においてはブロック注射を行い痛みを抑えたり整骨院などに行きマッサージなどを受けることで一時的に痛みを緩和する働きがありますが、根本的な治療を行うにあたっては運動療法を行いエクササイズなどを行うことで病気の完治につなげていくことができるようになっています。
ですので健康づくりにジムに通って鍛えることなどは無理をしない範囲でならば有効です。
また、痛みがでるからといって歩かないよりも少しずつできる範囲で歩いたりすることが結果的には症状の改善にもつながっていきます。
 腰部脊柱管狭窄症の改善に効果がある食事については、ビタミンB12を含む食事をとることは効果的と言われています。
ビタミンB12を多く含む食べ物としては海苔や貝類などがあります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930